長野県南アルプスの北端にある標高1955mの入笠山の登山口にあるすずらんと星の観察が楽しめる山荘。

入笠山の見どころ

  • HOME »
  • 入笠山の見どころ

360度の大展望、入笠山ハイキング。湿原を彩る四季の花々も魅力です

南アルプス北部にある入笠山は、標高1,955m。 関東地方や中央道からのアクセスも良く、家族向きです。登山口から入笠山頂までは約30分、お子さんでも比較的容易に登頂することができます。山頂からはほぼ360度の大展望が広がり、南アルプス・中央アルプス・八ヶ岳はもとより富士山や遠くは北アルプスなども望める360度絶好のロケーションです。
また、別名「すずらん山」とも呼ばれ、入笠湿原では6月になると80万株のすずらんの群生が見事に咲き誇ります。 「花の百名山」にも選ばれている入笠山は四季折々に美しい花が楽しめます。ハイキング気分で入笠湿原を楽しんではいかがでしょうか?


入笠山

▲入笠山山頂と雲海
▲雲海
▲八ヶ岳連峰と夕焼け
▲紅葉
▲初冬


入笠湿原とその周辺

▲スズランの群生
▲富士見パノラマゴンドラリフト
▲御所平お花畑ハイキング
▲エゾリンドウの群生(9月)
▲マツムシソウ(8月~9月)


花香る6月。100万本のスズランが皆様をお待ちしています。

100万本のスズランが咲き誇る6月、ご宿泊のご予約受け付け中!マナスル山荘新館では、季節の山菜(コシアブラ他)の天ぷらそばをご用意してお待しています。ぜひこの機会にご利用ください。


▲入笠山山頂と八ヶ岳連峰

▲入笠牧場から中央アルプス、木曽御岳、乗鞍岳、北アルプスの眺め

▲クジャクチョウとノアザミ

▲クリンソウ

▲入笠湿原
PAGETOP
Copyright © すずらんと星の宿「マナスル山荘」 All Rights Reserved.